サーフボードについて

ハワイでサーフィンといえば生活の一部になっていると言っても過言ではありません。

多くのハワイアンがサーフィンを楽しんでいたり、楽しんだ経験を持っています。

日本もハワイと同じ島国ではありますが、海までの距離や一年を通しての気候の違いによってサーファー人口の比率は低い状況です。

最高に楽しいスポーツのひとつですので、まだやったことのない方はワイキキビーチでデビューなんていうのも良いですね。

気軽に1時間単位でサーフボードのレンタルも出来ますし、自信がないという方はサーフスクールで教えてもらうのも良いでしょう。

ワイキキビーチでは初心者の方もたくさんいますので、引っ込み思案になることはありません。

旅の想い出に最高の体験をしてみるのはいかがでしょう。

海から眺めるダイヤモンドヘッドやピンクパレスも良いものです。

ヘエナル。ハワイ語でサーフィンを指します。

ハワイでいつ頃からサーフィンが始まったのかは定かではありませんが、1770年にクック船長がハワイに訪れたときにサーフィンを目撃したと言われています。

その後年月が経ち、1900年のはじめにジョージ・フリーズというハワイアンがカリフォルニアでサーフィンをしたことにより、カリフォルニア経由でサーフィンに知名度が一気に広がったのです。

初心者 サーフィン講座

初心者 サーフィン講座をチェックする!

ハワイの素晴らしい文化

アロハシャツ(Aloha Shirts)
ムームー(Muu Muu)
ウクレレ(Ukulele)
サーフボード(Surf Board)
ハワイアンジュエリー(Hawaiian Jewelry)
コアウッド製のアイテム(Koa Goods)
ハワイアンキルト(Hawaiian Quilt)
レイ(Lei)