カメハメハ

カメハメハとは

偉大なるカメハメハ大王、カメハメハ1世。

カメハメハ1世は1750年ごろハワイ島の北部で生まれました。

ハワイはかつて島のいろいろな地域ごとに酋長がいて、その酋長がその地域を支配していました。そしてその地域ごとの酋長がその支配下を広げようと争いが絶えることがありませんでした。

ハワイを統一、ハワイ王朝のカメハメハ大王!

カメハメハは、戦いが絶えなかったハワイを統一しハワイ王国の礎を築きます。カメハメハがハワイを統一出来た理由は、イギリスから大砲などを購入したためと言われています。

当時のハワイは石器文化。そこに当時の最新西欧文明であった鉄の大砲が持ち込まれたことにより、他の部隊を圧倒したのです。そしてハワイ王国の基礎を築いたカメハメハは、カメハメハ大王と呼ばれるようになりました。

カメハメハ1世は新しい文化を積極的に取り入れる一方で、年配の酋長などに対しては敬意を表するというバランス感覚に優れた人物であったとも言われております。

ハワイ王朝を築き上げたカメハメハ大王!

カメハメハはハワイ島を統一した後、マウイ島・ラナイ島・モロカイ島、そしてついにオアフ島を制圧することにより「ハワイ王朝」が誕生することになり、マウイ島のラハイナ(観光地として有名ですよね)を首都としました。

カメハメハ1世はハワイ統一から10年弱、1819年にハワイ島のカイルアコナで没しました。

ハワイの国王とその家系

カメハメハ (King Kamehameha)
カラカウア(David Kalākaua)
リリウオカラニ(Lili’uokalani)
エマ女王 (Queen Emma)
パウアヒ王女 (Princess Bernice Pauahi)