ハワイの車は前向き駐車!?

ハワイの駐車場

ハワイで見かける車たち

ハワイの駐車場を見ると、日本との違いがいろいろある事に気づきます。

駐車してある車が日本に比べて大きいですとか、ピックアップ・トラック(後ろが荷台になっている車)が多いですとか、やけに車のボンネットの塗装が剥げている(ハワイの強い日差しのため)とか、いろいろと日本との違いに気づかされるかもしれません(こんなことが気になるのも、車好きな方だけしょうけど)。

それにしても、ハワイで見かけるアメ車はすごく格好良いですね。

フォードのエクスプローラーやジープなどは一度で良いから愛車にしてみたいものです。

トヨタの大型SUVも日本で見かける印象と違い、ハワイの風景とすごく合っていますね。

これも格好良いなと感じたりもします。

ハワイと日本の駐車場での違い

そして日本とハワイの違いに駐車の仕方があります。

日本で駐車するときは、ほとんどの場合で後ろ向き駐車だと思いますが、ハワイではその逆です。

ほとんどの車が前向き駐車なのです(駐車場に車の先頭から停める方法)。

車の運転をする人ならご存知でしょうが、これだと駐車場から出るときに、バックでかなり気を使ったりするので個人的には好きではないのですが皆さんはいかがでしょうか。

しかし、この前向き駐車になにか意味があるのでしょうか。

前向き駐車の意味とは?

実はこの前向き駐車は、場所によって義務付けらている所もあるようなのです。

理由はたとえば犯罪の多いエリアですと、前向き駐車をすることで、すぐに逃げられないための対策という事らしいのです。

アメリカらしい考え方ですね。

しかし、そのように前向き駐車を義務付けられていないエリアでもみなさん前向きに駐車していますよね。

そして、それらの理由というのが、「スーパーマーケットなどで大量に買い物をするため、トランクに入れやすいように」ですとか、さきほどの話しでは無いのですが「車を出しにくくして、盗難防止のため」や「排気ガスが歩行者にかからないように」、または「すぐに車を停めて用事を済ませて、帰る時はゆっくりと帰れば良いと考えているため」など、いろいろな理由があるようです。

本当のところはどうなんでしょうか。

少なくとも前向き駐車が一般的であることは間違いないのですが、今のような状況になったきっかけは何だったんでしょう。

ご存知の方は教えてください。