ハワイってどんなところ

ハワイってどんなところ

ハワイについてもっと知ろう!

ハワイ。

正式な州名はハワイ州(State of Hawaii)と言います。

1959年8月21日にアメリカで50番目の州として認定された、アメリカの中でもっとも若い州。

愛称としては「アロハ・ステート」や「レインボー・ステート(虹の州)」といったかわいらしいニックネームとなっています。

ニックネームからして魅力的ですよね。

そしてハワイ州の州都は、大人気の観光エリアでもあるホノルル(オアフ島)。世界中の人を魅了するエリアです。

オアフ島の面積は1,545キロ平方メートル。ちなみに東京都の大きさが2,200キロ平方メートルですので、東京都の約70%の大きさがオアフ島になります。島内を1周しようとすると(一部エリアを除いて)と約200キロの長さになります。

オアフ島を1日でドライブで周遊するとなると、東京都を1日でドライブするといった距離と変わらない長さになります。

そしてハワイ州全体では、現在約130万人の方々が住んでいます。そして、そのうちの約70%にあたる90万人くらいの方がオアフ島に住んでいます。

ローカルのほぼ多くがオアフ島に集中しているのですね。

ネイバーアイランドに旅行しますと、ワイキキの喧騒が嘘に思えるくらいにのんびりした島がたくさんあるのも納得です。

この90万人という人口数は日本と比較してみますと、東京都の世田谷区の人口と同じくらいの方がオアフ島にお住まいという事になります(ちょっとピンと来ないかもしれませんが)。

続いて州旗。

ハワイの州旗をご覧になったことはありますでしょうか?

普段は意識していなくても、「ハワイの州旗はこれですよ!」とお見せすれば「あ~、知ってる!」となるかもしれません。

そしてハワイの州旗のデザインは、左上にユニオンジャック、赤青白の8本(ハワイ諸島8島を意味する)のラインが入った一見するとイギリスの国旗にも似たデザイン。
ハワイ語で「カ・ハエ・ハワイ(Ka Hae Hawaii)」と呼ばれています。

ハワイをドライブしていると、お家の玄関にこのハワイ州旗を飾っているのをよく見かけます。
ご興味がありましたら、ぜひ今度のハワイ旅行でチェックしてみてください。

そしてハワイの州歌はハワイ・ポノイ(Hawaii Ponoi)。

カラカウア通りで馴染み深い「デビッド・カラカウア王」の作詞によるものです。

かつてはハワイ王国の国歌でもありました。

ぜひこの州歌であるハワイ・ポノイも機会がありましたら聴いてみて頂たいものです。