【ハワイの雑学クイズ】
ハワイオアフ島で一番人気の通り、カラカウア・アベニュー。
お店もたくさんあって、ワイキキビーチへのアクセスするときにも利用するのでいつでも人でいっぱいです。
それではこの通りの名前になっている「カラカウア」とは何のことなのでしょう?

【答え】
カラカウアとは、ハワイ王朝第7代目の王様の名前です。
ハワイ通の方なら「そんなこと知ってるよ」といったご意見かもしれません。

このデビット・カラカウア王は「陽気な王様」とも呼ばれていて、毎年ハワイ島で行われるフラの一大イベント「メリー・モナーク・フェスティバル」の「メリー・モナーク」とはカラカウア王のことを指しています。

カラカウア通りを歩いているとそれだけで元気になるのは、ひょっとしたらカラカウア王の影響なのでしょうか!?

話しは変わりますが、かつてハワイでは伝統文化でもある「フラ」が禁止されていた時代がありました。外国から来た宣教師から見てフラの動きが淫らなものに映ったようです。

そこで宣教師たちにより、なんとフラは禁止されてしまったのです。日本が明治時代の頃の話しです。ちょっとひどい話しですよね。

そしてその後、このフラを復活させたのがカラカウア王。カラカウアは本人はもちろんのこと地元ハワイアンにとって、フラをはじめハワイの伝統音楽や芸術、そして文化が重要であり大切だと考える王様だったのです。

カラカウアがいなかったなら、今フラを見たり踊ったり出来なかったかもしれません。

そう思うと、あらためてカラカウア王の偉大さや考えに感謝です!

<参照>
デヴィッド・カラカウアについてもう少しくわしく知りたい!
□フラの歴史にも大きく関係しているカラカウア。
フラ・ダンスの歴史についてもう少しくわしく知りたい!
□ハワイアンミュージックにも大きな影響を与えたカラカウア。
ハワイアンミュージックの歴史についてもう少しくわしく知りたい!