ハワイファイブオー シーズン1

父親を殺害された米海軍特殊部隊のスティーヴ・マクギャレットは、ハワイ州知事に誘われ、犯罪撲滅のための特別捜査チームを率いる。メンバーはハワイに来たばかりのダニー・ウィリアムズ刑事と、マクギャレットの父親の元同僚チン・ホー・ケリー、そしてサーファーから警官へ転身した新人コノ・カラカウア。

(ココが面白い!)

海軍将校のスティーヴ・マクギャレットは犯罪者の護送中に、犯人の引き渡しを要求されます。
主犯格はヴィクター・ヘス。護送中の犯罪者の中にはヴィクター・ヘスの弟のアントンがいたのです。そしてオアフ島に住むスティーヴの父ジョンとアントンの交換を要求してくるのです。その要求を断るとヴィクター・ヘスの刺客が護送車を襲うのですが、それに応戦する際に謝ってアントンを殺してしまったため、スティーヴの父は殺害されてしまいます。

いきなりこんな感じでアクションシーン満載で始まる「ハワイファイブオー」。私たちのイメージする南国ハワイとはかなりかけ離れたアクションシーン。今後のハワイファイブオーも「アクション」と「魅惑のハワイ」が混在するのでしょうね。

スティーヴは父ジョンの葬儀のため一時的にオアフ島へ戻ります。そこでハワイ州知事より「ハワイから凶悪犯罪を撲滅」するため、知事直下の特別捜査班を指揮するよう依頼されます。知事の全面的なバックアップによる「何でも有り!」の特別捜査権を持つ捜査班です。この任務が、またスティーヴの役柄を引き立てていきます。かなり無茶な性格のスティーヴにピッタリの任務なのです。

そしてチームメイトとして加わるのが、ニュージャージーから赴任したばかりで、ハワイがどうしても好きになれないダニー・ウィリアムズ。汚職警官と疑惑をかけられた、スティーヴの父親の元同僚であったチン・ホー・ケリー、そしてチンの従姉妹でポリスアカデミーを卒業したばかりの男勝りのコノ・カラカウア。この4人でチームが結成されるのです。
 
そしてこの記念すべき第1話には、その後も活躍するナイスなキャラのサン・ミンが出演しています。第1話からユニークな出演者がいっぱいで、今後のハワイファイブオーに期待大です。

2. 家族

元国家安全保障局のコンピュータースペシャリストが、早朝にセルビアのギャングに襲撃され誘拐された。スティーヴたち特別捜査チームは彼を救出するべく捜査を開始する。一方チンは多忙の中、コノの警察学校の卒業パーティに出席しようと努力する。

(ココが面白い!)

常夏のハワイでネクタイをしているどこかハワイに馴染めないダノ(ダニー・ウィリアムズ)なのですが、朝食で食べていたのがあの「マラサダ」。そんなアンバランスな雰囲気のダノになぜか笑顔になってしまいます。

この「家族」での見どころは、エンディングではないでしょうか。事件当日の夕方から、警察学校にかよっていたコノの卒業式が行われることになっていました。そこでコノは従兄弟のチンに卒業式に出席して欲しいと頼んでいました。コノが警察学校に通うようになったキッカケがチンの警察官としての姿に憧れていたからなのです。しかし警察から追い出され、汚職の疑惑のあるチンは、コノに迷惑がかかると思い卒業式に出られないと言います。

しかし事件が解決したその夜、ファイブオー本部でファイブオーメンバーによるコノの卒業式を行いました。それはまさしく「家族(Ohana)」を思わせる暖かい特別な卒業式になり感動的なシーンでもありました。

3. 島を守って

ダニーが元妻との一人娘グレイス(テイラー・グラブス)と、高校のフットボールの試合観戦に行ったところ、試合場でギャング同士の撃ちあいが始まる。必死でグレイスを守るダニー。ファイブ・オーが捜査を進めると、ギャング同士の抗争の実態が明らかに…。

(ココが面白い!)

見どころはチーム名が「Five-O(ファイブオー)」となった理由。
今回は高校のフットボールの試合観戦から始まっていますが、スティーヴも高校時代にフットボールをしていたそうです。クォーターバックとして活躍していたスティーヴの当時の背番号は「50」。またハワイがアメリカの50番目の州である事などからチーム名が「ファイブオー」と命名されました。

4. 脱獄犯

凶悪犯が脱獄した。目的はただ一つ、元相棒から一緒に盗んだ何百万ドルもの大金を回収すること。執念で金を追う犯人をつかまえるよう、ファイブ・オーに知事命令が下る。そんな中、スティーヴの妹で、トラブルメーカーのメアリー(タリン・マニング)が突然やってくる。

(ココが面白い!)

今回は何と言ってもスティーヴの妹メアリーの登場でしょう。

ホノルル空港で妹メアリーを待つスティーヴ。そこでスティーブに話しかけてきたのは妹メアリーではなく、ホノルル国際空港の警察官。
どうやら妹メアリーが機内トイレの警務感知器を止めたということで、ハワイ着陸後に逮捕したとのこと。騒々しい登場の仕方ですよね。さすがスティーヴの妹といったところでしょうか。一方、「最後に兄さんと会ったのは母さんの葬式だね」と語るメアリーも表情にはどこか寂しげな感じも。
マックギャレット家特有の家族関係が垣間見られるシーンでした。

5. 消えた令嬢

駐フィリピン大使の令嬢二人のうち一人が溺死体で発見され、一人が誘拐される。検死官のマックス・バーグマン(「ヒーローズ」のマシ・オカ)の優れた考察によって、ファイブ・オーは麻薬、売春、そして危険な政治的背景など、もつれた糸をほどいてゆく。

6. ノースショアの銃弾

コノの師であり伝説的なサーファーが、観衆の目の前で銃殺された。ファイブ・オーが突き止めた有力容疑者は不動産王(「ヘラクレス」のケヴィン・ソーボ)の息子で、コノの古い友人であった。

7. 真実を求めて

元海軍特殊部隊で、妻殺しの容疑者が人質を取って戦艦ミズーリに立てこもった。スティーヴは海軍特殊部隊で習得した能力を駆使し、またパールハーバーで戦った祖父の船員仲間だったという男(ロバート・ロジア)の助けを得て、全員を救出する。

8. 信念

ハワイのパーティ、ルアウで豚を蒸し焼きにする穴からダニーの元相棒の焼死体が出てくるというショッキングな事件が発生。ダニーは死んだ相棒の汚名をそそぐべく真実を突きとめようとするが、スティーヴは、次はダニーが黒焦げにされるのではないかと危惧する。

9. 将軍暗殺計画

ファイブ・オーは、外国から来訪する重要人物、将軍を暗殺から守る任務につくことになった。だが将軍には自国で大量虐殺を行っていた過去があり、ファイブ・オーは将軍暗殺を狙う勢力と戦うことになる。

10. アスリートを追え!

現金輸送車が盗まれたのを発端に、理解を超えるミステリアスな出来事が続き、さすがのファイブ・オーも翻弄されてしまう。やがて、すべてはホノルル・トライアスロン開催中に強盗を計画する一味の仕業であることを突き止める。ダニーの元妻レイチェル(クレア・ヴァン・ダー・ブーム)が意外な活躍を見せる。

11. ハネムーンの悲劇

新婚夫婦を狙った連続殺人が発生、スティーヴたちは、時間が迫る中、次のターゲットを救おうとする。また驚くべき真実が判明した―。チンがスティーヴの母親が死んだ本当の原因を突き止めたのだ。

12. 因縁の対決

ダニーが愛娘とクリスマスを祝おうと準備していると、チンが首に爆弾をつけられるという非常事態が発生。ファイブ・オーはスティーヴの父親を殺した敵を追いつめていたのだが、これで立場が逆転する。黒幕のウォー・ファットも登場。

13. 事の起こり

殺されたスティーヴの父親が生前、調査していた事件の資料を入れていた工具箱がスティーヴの自宅から盗まれた。同時に妹のメアリーが拉致され、母親の殺害の新しい手がかりが見つかる。すべての手がかりは日本のヤクザにつながっていた。

14. 無実の男

警察と派手なカーチェイスを繰り広げた車が横転、中から世にも恐ろしいナマ首入りの箱が出てくる。検死官のマックスはファイブ・オーから助言を求められ、素晴らしい考察でその期待に応える。捜査の過程でチンは元婚約者と再会する。

15. 作られた偶然

津波が迫り、島民とホノルル警察は避難準備を始める。しかしファイブ・オーは津波警報センターの所長が行方不明になったため、その捜査で沿岸部に留まることになった。そしてファイブ・オーは真相を究明すべきか苦悩することになる。

16. 勇気ある証言

殺人の現場を目撃した証人が、犯人の送り込んだ殺し屋から逃れるためたった一人でジャングルに逃げ込んだ。スティーヴ達はこの証人を救出に向かう。一方ダニーの元妻レイチェルと愛娘グレイスの乗った車が襲われ、自宅が荒らされるという事件が発生、ダニーは2人を守るための行動に出る。

17. 海賊

春休みにクルーズを楽しんでいた12名の大学生が海賊に誘拐された。ファイブ ・オーは人質救出に必死で取り組み、カマコナ(テイラー・ウィリー)の協力を得て本当の誘拐犯を突き止める。実生活で本当のカップル、ニック・ラシェイとヴァネッサ・ミニーロがゲスト出演。

18. ロング・グッドバイ

ファイブ・オーは連続爆弾魔の次なる犯行を阻止するべく必死で捜査を進める。同じ頃、ウォール街でその名を轟かせたダニーの弟マット(俳優・コメディアン デイン・クック)が、ある秘密を抱えてハワイへとやってくる。

19. ヒーローの死

スーパーヒーローのコスチュームを着た男がホテルの窓から突き落とされた。ファイブ・オーは、被害者は人違いで殺されたことを突き止める。CIAの分析官ジェナ・ケイ(「おまかせアレックス」のラリサ・オレイニク)がスティーヴの前に現れ、彼の両親が殺された事件の解決に協力すると申し出る。

20. 父の想い

ハワイのペトログリフを見ようと、山登りを決行したマクギャレットとダニーは、人気のない山中で男性の死体を発見する。同じ頃チンのおばが臨終を迎え、それがきっかけとなってチンは過去の汚職疑惑の真実をコノに明かす。

21. 裏切り

潜入捜査中のニューヨークの刑事レジー・コール(ミュージシャン・プロデューサー・俳優 ショーン・コムズ)。家族に会うためギャングのボスに先だってハワイに来たところ、何者かに襲撃され、愛妻を殺されてしまう。ファイブ・オーは犯人を追うだけでなく、たった独りで復讐しようと立ちまわるコールも阻止しなければならないことに…。

22. 燃えた愛憎

一流フォトグラファーのレニー・シンクレア(グラミー賞受賞 リック・スプリングフィールド)が、水着撮影の仕事中、焼き殺された。ダニーは水着姿のモデル達から事情聴取できるとあって大喜びする。

23. ギブ&テイク

ファイブ・オーとケイは、スティーヴの両親を殺した容疑でウォー・ファットを本格的に追いつめる。だがその過程でダニーが神経ガスにやられ、ファイブ・オーは生物兵器を使った広範囲のテロを想定して戦わなくてはならなくなる。

24. ファイブ・オーの危機

シーズンの最後に大事件が―ファイブ・オーは爆破事件の背景を解明しようと奮闘するが次々とトラブルが発生、知事もファイブ・オーを突き放す。そしてマクギャレットとウォー・ファットの対立がクライマックスを迎える。