まだまだいる!ハワイファイブオーのキャストたち!

ハワイファイブオー ガブリエル

デニス・チュン(Dennis Chun)。1952年生まれのハワイ出身。
ハワイの名門校であるカメハメハ・スクールを卒業後、ハワイ大学に進学しています。
デニス・チュンはなんとオリジナルの「ハワイファイブオー」にも出演。
そしてオリジナル版でチン・ホー・ケリー役を演じていたのが彼の父親であるカム・フォン・チュンです。

(デューク・ルケラとしての役柄)
ホノルル市警巡査部長デューク・ルケラ役として、スティーヴに信頼され活躍しています。このデューク、何度も出演をする準レギュラーですが、そのたびに良い味を出していてファイブオーには欠かせない存在になっています。

ミシェル・ウィー

ミシェル・ウィー(Michelle Sung Wie)。ハワイ・ホノルル出身の女子プロゴルファー、1989年生まれ。
身長185cmという恵まれた体型を活かして、豪快なショットが特徴の選手です。ハワイの名門高校プナホウ・スクールを卒業した後にスタンフォード大学へ進学した才女でもあります。また、プロゴルファーとしては2014年にメジャータイトルである全米女子オープンで見事に優勝を果たしています。

(ミシェル・ウィーとしての役柄)
シーズン5第16話「業火」に、スティーヴにゴルフを教えるプロゴルファーとして登場します。ハワイのスター、ゴルフ界の超有名人であるミシェル・ウィーですが、どうやらスティーヴはあの「ミシェル・ウィー」を知らなかった様子。そのやりとりが面白くて印象的なシーンになっています。

森本 正治

森本 正治(もりもと まさはる)。1955年生まれの広島県出身。
松久信幸とロバート・デ・ニーロが共同経営していた日本料理レストラン「NOBU」の総料理長として一躍有名に。その活躍ぶりから日本のテレビ番組「料理の鉄人」にて三代目「和の鉄人」として出演もしていました。その後は自身のお店「MORIMOTO」をハワイだけでなく、アメリカ本土、日本、インドまで広げています。

(モリモトとしての役柄)
レストラン「MORIMOTO」のオーナーとして、本人役として出演。シーズン1の第20話「父の想い」にて、はじめて本人役でゲスト出演し、その後も何回かゲスト出演をします。

サム・チョイ

サム・チョイ(Sam Choy)。
ハワイでもっとも有名なシェフの一人。かつてはハワイ・日本にも多くのお店を展開し、機内食なども提供していました。ハワイではお店のリース契約が満期になって、仕方なくお店を閉店するケースが多いですが、このサムチョイも同じようなケースで閉店になってしまった店舗も多いようです。

(サム・チョイとしての役柄)
サム・チョイ本人役として出演。シーズン5第11話「盗まれた名画」に出演。そこでカマコナと料理対決をすることになるのですが、カマコナの対戦相手を知ったモリモトがカマコナの料理指導を行う事に。かつて店舗を出す時にライバルとして争った因縁の二人、サムチョイとモリモトが形を変えて再び対戦することに!