【ハワイの教会】セントアンドリューズ大聖堂

セントアンドリューズ大聖堂

45mのバージンロード、セントアンドリュース教会

カメハメハ4世をしのび創設された由緒ある教会がセントアンドリュース教会。

100年近くの年数をかけて造られた大聖堂です。

教会への入り口正面を彩るステンドグラス、45mにおよぶバージンロード、ハワイ最大のパイプオルガンなど魅力がいっぱい。

さらに、石造りの外観が皆を惹きつけ、まさに重厚という言葉がぴったりの教会です。

セントアンドリューズ大聖堂の歴史

カメハメハ4世はかつてアメリカ本土に視察旅行に行った際に、カメハメハ4世の身分を知らないアメリカ人がカメハメハ4世を侮辱することがありました。

その事件をきっかけにカメハメハ4世は大のアメリカ嫌いになっていったのです。

カメハメハ4世はその後、英国系の女性エマと結婚することになり、一層とアメリカ嫌いのイギリス好きという考えに傾倒していきました。

そしてカメハメハ4世の意向により、ハワイ政府は反米親英になっていきます。

王と王妃エマは英国様式の大聖堂と修道院を建設することに決めました。

それがこの聖アンドリュース大聖堂なのです。

イギリスからビショップが派遣されてきて、1886年のクリスマスに最初の礼拝が行われた。

着工から今の大聖堂になるまで改修を重ねました。

完成までに100年近い歳月がかかったステンドグラスは必見。

王妃はクイーンズ病院を設立しハワイ国民のためを思った活動なども行い、ハワイ国民に愛されていました。

その王妃の最大の不幸とはアルパート王子をわずか4歳で亡くしたことです。

直系の跡継ぎに恵まれなかった王室は、久々の王子の誕生だっただけにその悲しみはとても深いものだったと言われています。



【場所】

セント・アンドリューズ大聖堂

229 Queen Emma Square

 

<他にもオススメの教会です>
カワイアハオ教会(Kawaiahao Church)
セントアンドリューズ大聖堂(St. Andrew's Cathedral)
セントラルユニオン教会大聖堂(Central Union Church Sanctuary)
セントラルユニオン教会中聖堂(Central Union Church Atherton)
リリウオカラニ教会(Liliuokalani Protestant Church)
キャルバリーバイザシー教会(Calvary by the Sea Lutheran Church)
セントオーガスティン教会(St. Augustin Catholic Church)