ハワイでトレッキングをしよう!

ハワイでトレッキング

ハワイでトレッキング

オアフ島には初級者向けから上級者向けまで、たくさんのトレッキングコースあります。ここでは観光客がトレイルしても安心・安全なコースを紹介します。

トレッキングをして、いつもと違うハワイの空気を感じてみてはいかかでしょう。
Enjoy Hawaii !!

比較的かんたんコース

ダイヤモンドヘッドトレイル

ハワイといえばダイヤモンドヘッド。
ダイヤモンドヘッドは遠くから眺めるのも良いですが、トレッキングにもおススメです。
ワイキキエリアからのアクセスもレンタカーがあれば楽々ですし、オプショナルツアーの設定などもされています。
登山と聞くと抵抗があるかもしれませんが、標高はたったの200メートル強。
初心者でも気軽に挑戦出来るおススメのコースです。
入園料は$1(1人あたり)になります。
登山口で入園料を払いますが、車でお出かけの場合は駐車料金込みで1台につき$5かかります。
持ち物と服装で気をつけなければならない事としては、水の常備とスニーカーを履いておくことぐらいでしょうか。
必要以上の装備は必要無いと思います。

ポイント
1)トレイル途中にはトイレはありません。水とスニーカーの用意だけは忘れないようにして下さい。
2)土曜日のトレイルでしたらトレイルのあとに、ダイヤモンドへッドの麓で開催しているKCCファーマーズマーケットで朝食なんていかがでしょう。

開園時間:6:00〜18:00(最終入場は16:30)
所要時間:往復で1時間~2時間程度
入園料:歩行者は$1、車は一台$5

マノアフォールズトレイル

マノアフォールズトレイル。
マノアの閑静な住宅街の先に、ワイキキから車でたったの15分にある有名なトレッキングコース。
ワイキキからすぐに大自然を感じられる充実したコース。
人気があるのがよく分かります。
しかもこれだけの優れたコースにも関わらず、初心者でも問題ないトレイルなのです。
ワイキキからすぐの場所にこれだけのトレッキングコース。
ハワイの奥深さを感じます。
レンタカーがあれば簡単にアクセスが出来ます(はじめていく場合は、行き方をしっかり調べておきましょう)。

ポイント
難易度 初心者向け

コースの距離 :1.6mile(約2.6km)
標高 :650 feet(約198m)
所要時間: 約40分
服装や持ち物:ウォーキングシューズ・飲料水・(出来れば)虫除けスプレー。

カイヴァリッジトレイル

ラニカイビーチをおもいっきり満喫したい。
極上のビーチを120%エンジョイするために、まずビーチに出て素足で白い砂浜を歩き、ハワイの海に入ってみてください(足をつけるだけでも良いです)。
たったそれだけの事でも、少なからずハワイの自然を感じることが出来るはずです。
続いて日本では滅多に見られないこの素敵なビューを堪能してみましょう。
そしてラニカイビーチの景色を一望できる絶好の展望スポットがあるのです。
それがカイヴァリッジトレイルなのです。
このトレッキングキースでは、カイルアタウンやラニカイビーチ、カイルアビーチの絶景を楽むことが出来ます。
写真からもお分かりになると思いますがいかかです、こんなステキな絶景ビューです。
ラニカイビーチまで来たら、このカイヴァリッジトレイルに行かないで帰国するなんて、これほどもったいない事はありません。

ポイント
難易度 初心者向け

住所 Kaelepulu Drive, Kailua, HI 96734
コースの距離 1.3 miles(約2.1km)
標高 500 feet(約152m)
所要時間 約40分
服装や持ち物 ドリンク、日焼け止め

マカプウトレイル

渋滞がなければワイキキから30分程度のドライブで到着です。
またこのコースはトレッキングといっても、コースのほぼすべてが舗装されていますので、安全にチャレンジできるコースなのです。
ワイキキからはまずはハナウマ湾を目指します。
ハナウマ湾を越えてサンディービーチも超えればそこから約5分程度のドライブでマカプウトレイル入り口に到着です。
進行方向右手に駐車場があるのですが、入り口手前から右手に緩やかな坂道をのんびりと登っていく人の姿が見えるはずです。
ここは、ゆるやかな坂がつづく標高200メートル程度の安全安心コース。
あわてずゆっくり行きましょう。

ポイント
難易度:簡単(初心者でも安心)ゆるやかな舗装道で歩きやすい。展望台への数メートルのみが岩場ですが心配することのものではありません。

コースの距離:2 miles(約3.2km)
標高:500 feet(約152m)
所要時間:約30分
服装や持ち物:ウォーキングシューズ・日除けの帽子(日陰がありません)・飲料水・冬場は(風が強いので)上に羽織るもの。

ちょっと大変だけどおすすめコース

クリオウオウリッジ・トレイル

クリオウオウ・リッジ・トレイルへはThe Busでもアクセスできますが、レンタカーがあった方が断然に便利。
ワイキキからのアクセスが少し大変なせいか、このコースではほとんど日本からの観光客は見かけた事がありません。
それでもハワイの山を堪能したいと思っている方にはおススメのコースだと思います。
クリオウオウ・リッジ・トレイルのコース概要は往復で約8kmの距離があり、高低差も約600メートルあるコースです。
所要時間も人によるでしょうが、往復で約4時間ほどかかる本格派コースになっています。

ポイント
難易度 中級者以上

住所 Kuli'ou'ou Ridge Trail Honolulu, HI 96821
コースの距離 4 miles(約6.4km)
標高 2,000 feet(約609m)
所要時間 約2時間
服装や持ち物 ドリンク、日焼け止め、食料、スポーツシューズ

マウナウィリ・フォールズ・トレイル

ハワイでトレッキング

マウナウィリ・フォールズ・トレイル。
いきなりですが、このトレッキングコースの大変なところ。
実は大変なのはコースまでのアクセス、トレッキングコースそのものはローカルにも大人気の極上コース。
場所さえわかれば最高のトレッキングコースというわけです。
場所が分かりづらいせいか、日本語のガイドブックであまるアクセス方法などが紹介されていないせいか、ここは日本人よりも圧倒的に欧米人観光客やローカルのハイカーが多いイメージです。
英語版のハワイトレッキングガイド本をチェックしてみると、このコースは必ずおススメコースとして紹介されています。

ポイント
難易度 中級者以上

住所 Maunawili Rd Kailua, HI 96734
コースの距離 3 miles(約4.8km)
標高 600 feet (約182m)
所要時間 約1.5時間
服装や持ち物 ドリンク、日焼け止め、食料、スポーツシューズ

カエナポイントトレイル

ノースショアの西端カエナ。
ノースショアに行ったらカエナポイントトレイルに挑戦してみえてはいかがでしょう。
ここはオアフ島の最北西にあるコースです。
トレイル入り口へのアクセスはノースショア経由とマカハ経由のふたつがあります。
治安などを加味すると、少し遠くなりますがアクセスはノースショア経由をおすすめします。
環境保護地区でもあるこのコースではアホウドリや天然記念物であるハワイアンモンクシールなどに出会えるチャンスがあります。
そしてここカエナのトレイルをおすすめする理由。
それはこの地がハワイアンにとって神聖な場所だからなのです。
カエナはハワイアンのご先祖様の魂が宿る聖地と言われています。
カエナの手つかずの自然とマナの力を感じてみてはいかがでしょう。

ポイント
難易度 コース自体は平坦な道、日陰が無いので注意

住所 Ka'ena Point State Park68-760 Farrington Hwy Waialua, HI 96791
コースの距離 6.1 miles(約9.8km)
標高 210 feet(約64m)
所要時間 約1.5時間
服装や持ち物 飲み物、スニーカー

かなり大変だけど最高の思い出コース

ココヘッド・トレイル

ハワイでトレッキング

「もう一度登ってみる?」と言われて「ぜひ!」とは即答がしづらいトレイル。
それがココヘッドトレイル。
当日の暑さが影響したのか、今までで一番きつかったコースです。
ココヘッドへの行き方はハナウマ湾のほんの手前を左手に向かうとココヘッドパークに到着します。
そこに車を停めていざトレイルのスタートです。
ちなみにハナウマ湾に向かう途中、ハナウマ湾入り口手前の坂道を登っている時、左手方向にそびえる山が見えると思います。
坂道の途中には車を停車できるビューポイントがあるのですが、そこからココヘッド頂上までつづくはるかな一本道を歩く人の姿を見る事が出来ます。
その姿を見るとかつてのあの暑い日のトレイルを思い出します。
ココヘッドは、標高368mで1048段の階段が一直線に続くというコース。
この数字データ以上に辛いコースです。
しつこいようですが、このどこまでも続く一本道を登るんですよ!

住所 Koko Head Park Rd Honolulu, HI 96825
コースの距離 2 miles(約3.2km)
標高 1,000 ft(約304m)
所要時間 約1時間

トレッキング:番外編

一度ハワイでのトレッキングを経験したら、ハワイは海だけでなく山も魅力いっぱいということをナットクいただけるはず。
トレッキングをやらない方にとっては、トレッキングは「疲れる」「大変」といったイメージをお持ちなのかもしれません。
それでも大丈夫。
ハワイには気軽に楽しめて、しかも絶景のヴューを楽しめるコースがいっぱいあります。
それではこのような様々なコースがある中、「服装」や「持ち物」はどうしたらよいのでしょう。

トレッキングで再発見、ハワイの魅力

ハワイでトレッキング

多くのツーリストにとって「ハワイ」といえば「海(ビーチ)」と思われる方が多いことでしょう。たしかにハワイといえば「ワイキキビーチ」や「白い砂浜と青い海」をイメージするかもしれません。

しかしどうでしょう。
その美しいビーチ、例えば世界有数のビーチである「ワイキキビーチ」を「ダイヤモンドヘッド」の頂上から見てみたら。
おそらくビーチにいるよりも感動するかもしれません。
うっすらと汗をかきながら登った頂上では爽やかな風を感じることも出来ます。

サイコーの気分になること間違いナシです。

ハワイのトレッキングにハマッたきっかけ

ハワイは海も良いけど山もサイコー。

そんな風に思えたのは何回目かのハワイ旅行でした。

ハワイに行き始めた当初は、アクティビティーというとやはり海が中心。泳いだり、サーフィンをしたり、潜ってみたりと海でやりたい事がたくさんありすぎて海でのアクティビティー以外のことは頭にありませんでした。

そんなあるときノースショアへドライブした途中にふと見つけたのがワイメアバレー。とくにガイドブックで下調べをしていた訳では無いので本当の偶然。中に入るとトレッキングが楽しめるという事だったのでさっそく挑戦してみました。

ちなみにこの話しは今から約20年以上も前の話し。当時のハワイのガイドブックでは海でのアクティビティーは紹介していても、山でのトレッキングなどはまったく触れていませんでした。

日本でもトレッキングが趣味で良くやっているので、楽しみにしながらスタート。結果はその後何回かハワイに出かけても、決してハワイでトレッキングをしようとは思いませんでした。ワイキキから遠く離れたエリアでこの程度(ワイメアバレーのファンの方、すみません)のトレッキングコースなら、オアフ島にまともなコースは無いのだろうな、と勝手に思っていたのです。

そんな感じで海を中心にハワイを楽しんでいましたが、ある日はハワイの本屋さんで偶然に見かけたのが「hawaii Hike」という洋書。そこにはオアフ島内のトレッキングコースが掲載されていたのですが、「これ本当にオアフ島!?」と思えるコースばかりでした。

そしてさっそくそのガイドブックを購入して、翌日ワイキキエリアから一番近場の「マノアフォ-ルズ・トレイル」に向かったのです。

ワイメアバレーの印象が強く「ガイドブックに掲載されていたコースは本当なのか」と半信半疑でした。マノアに向かったその格好は足元はビーチサンダル、そしてドリンクも携帯していませんでした。

そしてワイキキから車でたった15分の場所にあった「マノアフォールズ」。そこはまさしくプチ・ジャングルのような理想的なコースでした。

そしてそのトレッキングをきっかけにハワイに行く度に新しいトレッキングコースに挑戦しています。

そこであらためて気付いたことは「ハワイは海も良いけど、山もサイコー」と言う事でした。

いまではマノアフォールズへオプショナルツアーで出かけることが出来ます。ハワイでトレッキング未経験という方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
体力に自信が無いという初心者の方でも充分に安心して楽しめるコースになっています。

また本格的なトレッキングに挑戦してみたい方は、外国人に人気の「ハイキングハワイカフェ」などを利用してみるのも良いかもしれません。

「ハワイは海も良いけど、山もサイコー」です!